MENU

幸福姫

     一
     つ

お渡りになります赤い橋は
月光を伴う朝日に遠からず
崩れゆく石段を踏み外しては
また一つ 前世へと引き摺られて行くのでしょう

     二
     つ

夜の明けた朝は病の象徴
大量のお菓子を頬張りながら
結晶化する社会の時を
お部屋に飾っては
しくしく笑っているのでしょう

     三
     つ

雁の音が恋しさに
血に染まるお空に浮かぶ
浮遊する自我に囚われながら
一人 空に染まることを望むのでしょう

     四
     つ

輪廻を徘徊する化け物は嘔吐
捕らえられぬ影を新月に探す
鬼ごっこの果てに
赤い橋は増えてしまった
流れる水は澄んだ赤
息の出来ぬ苦しみに耐え兼ねて
幸福を求めて
貴方はお渡りになるのでしょう

幸福とは如何に
石を積む子供に泣きじゃくりながら
世を憐れむことで御座いましょうか
眼球で捕らえられぬ幸福に
人は翻弄されながら
世を去る事が出来れば
幸福でありますでしょうか

幼子には無知に等しき
奈落に沈んだ者の境地
両手を縛り上げて
埋めてしまえば苦しみなど遺らぬでしょう

幸せとは如何に

TWITTER

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です