MENU

黒雪姫

白雪が舞い降りた

たいそう冷たく

美しい礫

七つの朝を迎えてからは

結晶化していく私の身体を

アイアンメイデンが温めてくれる

白雪の積る音色が とても愛しい

白雪姫が永遠の乙女ならば

黒く塗りつぶされた林檎は

明日の朝日

でなければ

今宵の月光

全身に黒い林檎が廻った頃

天高く 光は昇り詰めるのでした

TWITTER

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です