MENU

少女人形

十の指が踊りながら謳い
舞う斧の先に見える少女は赤く
冷酷さ故に淡々と憫笑
埋め込まれた魂は焼かれて流刑
流刑の後に訪れる五月雨に撃たれながら
またもや流される

廻りながら
渦巻く冤罪に嘆き
恐怖に囚われた揺り籠に縋る
愛しき人に手渡す草棘
血塗れに咲く千草は
また赤く染まる少女の幻影を映し出す

殺意に溺れる運命に抗えぬなら
根源である神に許しを請い
両手首を焼き払い
舌を斬り落とし
幻影に囚われながら生かしては
神をも投獄
死する事が罪ならば
生かして捕らえる事は
幸福に殉ずるのであろう

操られた糸の先には
赤い斧を持つ少女の姿
見えぬ指に小さく震え
見えぬ指に憫笑する
殺戮を繰り返すその指を憾みながら
冤罪を再び犯し
幻影の中で逝き続けるのだろう
異なる世界での謝罪は無意味
糸を手繰って両腕を切り落とすことが
少女の幸福
その事実が水面に浮き上がるのは
あと幾年か…--

TWITTER

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です