MENU

夢見る砂糖菓子

1が0に変わる瞬間

私はどんな夢を見ているのかしら

金平糖が囁き

お姫様は舞いながら

私の傍までお出でなさるのね

マイムに誘われて

私は華奢な白い手を取り

キスをする

 一緒に踊りましょう…

幻想的に見た世界は

優しい甘い香り

甘いホットミルクで

私とパドドゥを…

夢見る砂糖菓子の少女と

美しい夜の舞踏会

私の眠りが覚めるまで…

TWITTER

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください