MENU

頓服に溺れて…

障害に纏わる
混沌の底無き海
小波の音でさえ
プランクトンは渦巻く
意識が意識を招く
澄んだ空から爆音
心臓の飛び散る音
白煙が立ち込める
汚れてゆく

山の淵に残された
三拍子のワルツは
知らないうちに眠っていた

TWITTER

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください