MENU

傷心的堕落論

依存よりも速く
言葉よりも速く
その身体が欲しい

悲しみの剃刀と
嘆きでもがいた爪痕に
言葉のいらない行為と
口づけのない愛情が
色褪せた傷口を
乱暴に塞いでいく

抱かれる腕に罪悪感を抱きながら
満たされる憂鬱の湖畔

湖畔に映る私は
剃刀も爪痕も知らない顔をする

―依存よりも、
 言葉よりも、
 ただひたすらに、一夜の行為を…―

幾夜を越えた悲しみと嘆きの果て
愚かな私に
一夜だけ温もりを

TWITTER

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください