MENU

虚空上の理論に於いて
個を収束し天文学的数字を並べるならば
在りし個の禍々しい性質は
一と成りてまた個を成すのだろう

しかしながら
一をどれだけ保とうと
その個は数多にある一であるという真実
一という個は
天文学的数字の一を収束しただけの存在にすぎない
それに手を伸ばし
確率論さえ吐き出した個は
如何に一を携えて
虚空に在り続けようとするのか

禍々しさ故に一で在ろうとする個
それは客観的な世界を喰らう異端者
異端で在ろうとする個
主観的世界で見れば
一の全てが異端である
だからこその一を繋ぐ線
線は収束の輪を覆す
一と一を繋ぐ線は
収束された個の性質を裏切り
一の性質を変化させ
異端より先の世界を見る

一は世界の果てに線を増加させ
個の性質を見る
それが本来与えられた個の性質
増加された線はいつしか
世界の果てより遥か向こうの世界へ繋がり
形を形成していくのだろう

TWITTER

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です