MENU

死体の感覚

私の身を投げ出したベッドの上
誰も知らない私の住処
体を委ねたベッドは棺
ドーパミンD1機能低下による
意欲喪失による妄想と現実
私は死体と成った

見送りは捨てられていたテディベア
私が四枚の硬貨で買った命
彼の膝を涙で濡らし
恋人のように抱きしめた

私の裏切らない彼
こんなに愛してやまなかったのに
五感を味わう全ては
全てが偽物だった
悲しみの色も消えた脳に響くのは
命を持たないものの真実

棺の端に死体が眩めく
私が見たものは
遮光カーテンの隙間から覗く
狭く限りある青天
曇りガラスが
光を四方に反射させる

空が青ければ
一人でも遊び和ぐなど
生前の嘘
死に至った私では
青天は死に至らしめる毒素

網戸をすり抜けた風が
遮光カーテンを靡かせる
涼しげな風が
私の足元を粗暴に撫でていく
纏わりついた汗が
ひやりとざわついた

曇りガラス越しに見た
光が四方に反射する空
そこで吹いていた
粗雑で冷たい初夏の風

死にながら知り得たのは
情報を受け取る感覚
私を死に押しはめたのは
生の感覚が見せた疾患

巡りいく思考の中で
悟った事実
死体は生きている

死体と成った私は
まだ生きている

“死体の感覚” への4件のフィードバック

  1. Ren Fuuka より:

    少し批評っぽく書いてみる

    きっと 顕したい言葉が沢山溢れてるんだね
    でもサラリとは読めなかったんだ。
    沢山の言葉を書く時に大切なのは
    “息継ぎ”なんじゃないかな?

    読みながら息継ぎのできる詩になるのを期待します^^

    生きやすくなる言葉たち(望月 敏彰)さんも
    ブログhttp://bubblering.net/motsitoshi/に作品書いてくれたみたいだから
    一緒に見に行こう!

  2. ひめる より:

    コメントありがとうございます♪

    うぅ、息継ぎかぁ;
    実は苦手だったりします(>_<)
    それができないから、長い・息が詰まる…!

    これからは、そういうのも勉強していかねばなりませんね…☆
    望月さんのブログにも一緒に行きましょう(*≧ω≦)

  3. Ren Fuuka より:

    敢えて厳しく書いてみた

    君の詩を読んで、自分の中の書きたいと欲する熱が滾るのは
    昔も今も変わらないんだよ^^

  4. 月ノ音姫瑠 より:

    たまには厳しい意見頂かないと(^-^*)
    今の状況に満足していたら、みんなに置いていかれてしまいます(笑)

    いつもそうなんですよね(笑)
    書きたいことがあると止まらなくて(^-^;)
    なにかやりたいことがある時も同じです。

    詩やアートというものは、人の性格が出るものなのかもしれません…☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください