MENU

幼き少女の森の思い出

少女は歩く
月明かりに照らされた
野ばらの森を
背の高い大きなケヤキを目印にして

刻み付けた思い出を胸に
少女は歩く

大樹の下で
あの人が彫った名前
私が彫った名前
子供心にあの人の名前を彫った私
あの人は私の名前を彫っていた

幼い私たちの契り
顔と顔を近づけて
初めての恋を捧げた
砂糖菓子が溶けるように
ラズベリーとチョコが交わるように

お日様が高く昇った
午後3時のテーィタイム
側に置かれた砂時計
さらさら さらさら
時計の砂はゆっくり落ちた

少女は想う
となりにいないあの人を
絡めた指が懐かしい
背の高いあの人を

大樹を傷つけた思い出を
指でなぞる
私の指はまだ
あの人の名前を覚えてる

早く大人になりたかった
そんな私の頭を撫でて
その手で温かな優しさをくれた
優しいあの人

当たり前の日々を重ねるごとに
あの人の頬は赤みを増していた
この手から伝わる熱
絡める指が切なくて
交える言葉はつたなくて
囁く愛は途絶えてしまった

青い空が広がる夏
あなたは白い鳥になった

少女は歩く
月明かりに照らされた
野ばらの森を
背の高い大きなケヤキを背中にして

隣にいたはずのあなたと
手を繋ぐように
一人で歩く
あなたの手の温もりが
まだ残ってる
あなたはまだそこで
私に微笑みかけている

少女は微笑む
誰もいない夜の森に向かって
あなたは微笑んでくれたのに
私はあなたに微笑むことができない
夜風が私に教えてくれた

少女は思う
隣には誰もいないのだ
契りを交わしたあなたは
どこにもいないのだ

私は前を向く
月夜が照らし出す道を
真っ直ぐ見る
あなたはここにいない
だから、凛として歩く
一人で歩く
あの人との思い出を
私だけの胸に刻んで
凛として生きる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です