MENU

晦冥

曖昧に残した思想
行き交う死相は喜劇
喜劇の行く末を覗けば
貴方が悲劇を描き始める
死相の中に埋もれた嘲笑
嘲笑こそ栄光
栄光の末にある病みこそ
生を全うするための糧なのでしょう

夢魔に焼かれ
嘔吐を繰り返し
その中で事実は生まれ
文字を刻みながら四十八時間が過ぎた

埋め込まれた弾丸と
大量に抉られた喉と
眼球に焼きつく赤黒い塊

美しい花園に滴る雨水が
次第に不純なものに変化する

普遍を象らぬ世界
すなわち予期は無力
執行猶予まであと数分
愛したものを飲み込めば
一時の普遍を手に入れる代わりに
深い水底へ沈み行く

終焉に相応しい思想は愉悦
嫣然とする死相は狂気
宵が持成す甘美は
己の首を括った
悲を纏う喜劇の惨劇

TWITTER

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です