MENU

青い薬

愛した季節を
乗り越えられぬなら
闇に溶けた あの蝋のように
眠ってしまおうかな

雪に落ちる黒い染み
それは大人が吐いた言葉
広がる染み
腐る大地
もう 死ななければいけない

   私
    が
     死
      ん
       だ
        夜

心は綺麗なままで
生きていけないのなら
私は 相面のように
汚い言葉吐いて
生きてはいたくない
綺麗なままで 死なせて

   私
    を
     殺
      し
       た
        夜

それでも 増える黒い染み
憎しみと恨みの中で
私が増やしていたんだ
相面に落とす鉛の飛礫

綺麗に身に纏っても
メビウスで繋がる汚い言葉
本当は口にしたくないの
憎しみと恨みの言葉
カノンは永久に紡がれていく

落ちる反吐に深く
絶望は隠せないけど
“生きたい”ただそれだけ
もう、“逝きたくない”から

“逝って”もただ怖いだけ
手元に残る青い薬
本当はまだ“生きたいよ”
本の少しの自己主張

長い冬に春が
訪れた温もり忘れない
あの暖かさが今でも
胸の奥で覚えている

私はこれからも
私なりにずっと生きていく

TWITTER

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください