MENU

夜明けのシンフォニー

薄紫の雲の隙間

遠方から差し込む光

冷たい時刻に傾ける耳には

本の一瞬だけ羽音が交ざる

まだ薄暗い夜明けに

チェンバロが静かに響いていく

夢色の蝶に気付かぬまま

追いかけて辿り着くそこは

甘い香りを漂わせた楽園

澄んだソプラノで小鳥は歌う

それはリスト

なめらかな甘い旋律

重なる音は朝露に消え

また静かにチェンバロは鳴り響く

そして、リストは遠ざかり

楽園は知らぬ間に幕を降ろしていく

オーロラ姫が眠りから覚ます日は

遠い朝靄の中

楽園に導く蝶は

いずれ月夜に飛び去りぬ

また知らずに追いかけては

楽園を求めて眠るのであろう

TWITTER

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です