MENU

アンティークレース

熱を持った指先の
一つ一つに愛撫を重ねて
閉じた目蓋の上に
慈しみの口付けを

淡く染まる
空にない此所だけの色
晴天の光は眩しくて
夕焼けの緋は熱すぎて
空にない此所だけの色に
染まっていく
夜更けの優しい時

染まりながら止まらぬ
心地良い胸の痛み
それは安らぎの感覚
しかしながら
その痛みは
幸福を知る一つの喜び

最後の行為は
目蓋を閉じたまま
唇を合わせた
秘密の口付け

目蓋を閉じたまま
暖かな指先と
口付けをした目蓋を見つめて
静かな優しい時に
包まれながら
夜は静かに眠っていく
胸の痛みに抱かれながら

染まる色は
アンティークレースのように
気高いほどに
淡く儚く甘い仕様に

ぼんやりと浮かんだ
朝日の中で
目蓋がそっと開いたら
微かな光に身を任せて
柔らかな暖かさで
痛みを抱いた身体を染めていて
アンティークレースの
淡い一つの優しい色に

咲き誇る薔薇の色よりも
ずっと淡く幸福に

小説・詩ランキング
人気ブログランキングへ

TWITTER

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

« »