MENU

蒼の境界

絵の具の蒼を

水で溶いたように

うっすらと光の灯る

時間の境界線

キラキラ光る窓の外は

夜の帳が降りる予兆

一秒の中で確実に

色彩を増していく

魔法の時間

TWITTER

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください