MENU

烙印

沈むように消える思慮
焼きつく茨は
女神の残した愛憎
思慮の行末を見守る者は
ただ一人として現れず

焼けつく茨は
透きとおるように鮮やかで
賑わう人々とは
相違しながら静かに燃ゆる

死に直結せず
ただ燃え盛る炎をこの身に受けては
哀しみに浸りながら
紅に染めては
笑ってみせた

幾年も重ねる過ちを嘆いては
何も残らぬ空に沈む
薄紅色の別れを嬉々した過去は
愚かな幻想を抱いた始まりだったのであろう

女神とて愚者
過ちを嘆いては臙脂に染まる
心の奥底で滴り笑う死神でさえ
己の鎌を首に宛がいながら
茨が燃ゆる様を
憂いながら見届ける

己の過ちを懺悔する日々に
鴉の烙印は刻まれる

美しきを求める痛みは
鍾愛すべき烙印
その罪こそ
愛惜に値する女神と死神
如何にして茨は解き放たれたるか

TWITTER

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です