MENU

運命の道標

運命の選択肢は
必然的に眼前に出現する

人は欲があるからこそ
生きられる
その欲が選択肢を呼ぶ

質量の計算を誤れば
後悔の帳が躯を覆い尽くす

それを掻い潜る可能性を追い求め
幾つもの月日を飛び越えたなら
そこにいる人は
目の前にある幸福を
追い続けているのであろう

運命を受け入れる者に幸いあれ
運命に逆らう者に栄光あれ

TWITTER

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です