MENU

眠りの森の出口に いつも君がいる 背の高い笑った君 私は医学的要素に縛られて 苦しみながら君を見る 夢の私はどんな顔をしているのか 夢の君しか知らない それでも いつも君が笑っていてくれるから 胸の奥で心から良かったと思う 夢が誰かの作った虚像の世界だとしても そこで君が笑っていてくれることが 私はとても嬉し...
続きを読む

人の一番恐れるソレを 目の前に置きながら 砕けそうなペルソナを 自分自身を誤魔化すように 顔面に押し当てる 優しい笑みを浮かべているにも関わらず 上手く進まぬ時計の針と 目の前をちらつかせる恐ろしいソレは 愛しさと心を通わすごとに ゆっくりと動き出す それは、ペルソナが音を立てて砕けていくよう...
続きを読む

赦されない過去への懺悔 閃光が招く 朽ち果てる世界 眼前に墜ちる 黒と青の一次元 数多の罪を背負い 罰の剣を胸に刺しながら 私は懺悔を口にする 小さなナイフを また一つ刺しながら 彼方の苦悩は 私に向けられた罰 痛みを知らなければ 懺悔は終わらない その痛みに耐え兼ねて 瞳から...
続きを読む