MENU

罪の色彩

黒く染まりゆく自身を
分離されたペルソナが
数多に昇り詰め見つめていく

無限に殺した罪の形
愛していた嘘の形
愛すら嘘であるならば
それは痛みを伴う慰めの行為

首吊り人形の願い事
啄ばまれた案山子のジレンマ
鮮血の聖母の世迷言

黒く染まりながら
白い笑みが差し出すのは
美しき奈落へを突き落とす
恨みのローズマリー

背の肉片を散らしながら
モノクロの羽翼は自身を食い尽くす
両耳から聞こえるは
モノクロの笑い声

それは処刑執行人のように
牢獄の扉を閉め
猿轡を填めさせては
思考を恐怖で戒める
ただ自由を許されたのは
歪なモノクロの羽翼のみ

飛び立つ自由の先は
鉄(クロガネ)の嘆きと怒り
醜い奈落の底へ
突き落とされる罰の羽翼

自身を拒んだ罪の重さに
耐え切れない悔しさを抱きながら
真実の死を待ち望む

赦されぬ罪の形
思考は漆黒の彼方
左様ならと別れの旅立ちは
愚かにも羽翼を毟り取る痛み

罪は消えずとも
罪の痛みは永久に
左様なら、左様なら
混沌に堕落した私(ワタクシ)よ

TWITTER

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください