MENU

秘めやかな夢の君

眠りの森の出口に
いつも君がいる
背の高い笑った君

私は医学的要素に縛られて
苦しみながら君を見る

夢の私はどんな顔をしているのか
夢の君しか知らない

それでも
いつも君が笑っていてくれるから
胸の奥で心から良かったと思う

夢が誰かの作った虚像の世界だとしても
そこで君が笑っていてくれることが
私はとても嬉しい

眠りの森を抜け出しても
君の笑顔がそこにあるのなら
私は一緒に笑いたいと思う

今度は苦しみながらではなく
心から声を上げて
笑っていたいと思う

TWITTER

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です