MENU

明日の空へ

暖かな木漏れ日の中
ハルモニアを奏でるように
空に鳥は囀り
花はゆっくりと咲き綻ぶ
静かな朝
木漏れ日はカーテンのように
鼓動に朝を告げる

雫に濡れた夜も
灯りを抱きしめた宵も
暗がりに怯えた闇も
全てをなぎ払うように
それは暖かな旋律を奏で
全てを包みこむ

細やかな光の兆し
消えていく月の色
月は空の蒼に染まり
溶けながら
また明日を待つ

明日の彼方は蒼に染められ
永久に続く弧を描く
それを続けながら
全ての鼓動が思いを連ね
未だに見ない世界を
思い描いていく

鼓動の続く限り
果てしない空へと…

TWITTER

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください