MENU

浄罪

赦されない過去への懺悔

閃光が招く
朽ち果てる世界
眼前に墜ちる
黒と青の一次元

数多の罪を背負い
罰の剣を胸に刺しながら
私は懺悔を口にする
小さなナイフを
また一つ刺しながら

彼方の苦悩は
私に向けられた罰

痛みを知らなければ
懺悔は終わらない
その痛みに耐え兼ねて
瞳から流れるサインは
この指で捉えた
貴方の苦悩で痛んだ
真っ赤な涙

憂いでは罪は晴れない
そのままの痛みを受けてこそ
この罪は浄化されていく

痛みを癒して
運命に逆らいながら
貴方が幸せならばそれでいい

課せられた罰
彼方から墜ちる苦悩
双方の痛みが胸へ刺さりながら
耐えきれず流すのは
色を持たぬ浄化の証

それは、貴方が幸福に触れた事実
私の罪が赦され続ける事実
この無色の浄化と引き換えに
手にすることのできた
暖炉のような暖かさ

世界が朽ち果て失せるまで
痛みの世界は巡り続ける
それを浄化するのは
罪を背負い続ける人

浄化とは
痛みの果てに零れる
神が垂らす美しき雫
罪を負った者に授けられる
澄み渡るように美しい
唯一の救い

TWITTER

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です